ホーム > 院長室から > 肘内障について

肘内障について

『肘内障』をご存知でしょうか?

肘内障は、4歳ぐらいまでのお子様の手を引っ張ることによって起きる、
肘関節の脱臼です。

例えば、お子さんが突然道路に飛び出そうとした時に、
手を引っ張って止めることは、必要なことですし、あると思います。

ただその後に肘の辺りが痛く、手が動かないお子様がいらっしゃいましたら、
この肘内障を疑ってください。

4歳ぐらいまでのお子さんは骨や靭帯が未発達なので、
関節の動きなどが不十分のため、肘内障が起こりやすいと思います。

肘内障は骨折のように肘が腫れたり、赤くならないので、
わかりにくいのですが、痛みのために手が動かなくなってしまいます。

早期に異変に気づいてあげることが大切です。

もし手が動かないような状況になりましたら、
まずは整形外科の先生を受診してもらえれば、幸いです。

実はお恥ずかしい話、家の中ですべって後ろに転んでしまいました。
その際、身体の全体重を受ける形で左手をついてしまい、
肘内障とは逆に、関節の脱臼と剥離骨折を起こしてしまいました。

大変痛いものでしたが、何とか自分で「肘内障の逆だから引っ張ればいいのでは?」と考えて、
痛む左肘を右手で思い切り引っ張り、「ゴリッ」と鈍い音がして整復できたようです。
肘内障のお子さんが、大泣きをして当院に来て下さるお気持ちが、よくわかりました。

診療自体は問題なく、手は動く状態ではありますが、痛みが続き整形外科の先生に診ていただくと、
「整復はされているようですが、剥離骨折があり、まだ手の腫れ、出血があり、これはギブス固定が必要でしょう。」
「仕事には少し不便でしょうが、最初が肝心ですよ」と丁寧に説明していただき、
はじめはギブス固定に渋っていた私も納得しました。

皆様にご心配いただいております。ですが診療は十分できますので、
ご安心いただければと思います。ご心配をいただき、本当にありがとうございます。

しかし、予防注射の際は、お子さんの手を動かさないで、上腕をぐっとつかんで、
皮膚を張った状態で注射をさせていただくのが、1番お子さんにとっては痛くない方法だと思って実行しております。

今は、手がうまく伸びない状態ですが、握力は十分にありますので、
できるだけお子さまが痛くないような注射を心がけたいと思っています。

最近は予防接種の種類も増え、確実に麻疹(はしか)や水痘、細菌性髄膜炎などは減少し、とても喜ばしいことだと思います。
私の手が痛くても、お子さんの手が痛くないようにしていくつもりです。

お困りの際は、気軽にご相談ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ