ホーム > 院長室から > 広島カープに帰ってきた黒田選手バンザイ!

広島カープに帰ってきた黒田選手バンザイ!

今年8年ぶりに、黒田選手がアメリカから日本に帰って来ました。メジャーのチームからは、年棒20億円以上のオファーがあったにも関わらず、その誘いを断って、4億円の年棒で、黒田選手は広島に帰って来てくれたのです。我々広島ファンにとっては、本当にありがたいことだと思っています。

黒田選手はテレビや新聞では、男気のある選手だと言われています。でも、自分で『男気がある』と、言ったことは一回もないんだそうです。

そんな男気のある黒田選手がマウンドで投げていると、1点差で追いつかれそうな試合展開でも、私は安心して試合を見ていられます。

メジャーでいろいろな投球術を学んできた甲斐があって、相手チームのクリーンアップトリオでも、バッタバッタと三振に取ってくれます。もちろんヒットは打たれますが、何故か0点で抑えてくれます。さすがメジャーで修行してきた力は、”伊達ではない”なと感心していました。

ところが、メジャーと日本ではマウンドが違うせいなのか、黒田選手はアキレス腱を故障してしまい、二週間ほどマウンドに上がれませんでしたが、久しぶりに5月15日の横浜戦に先発し、また素晴らしい投球をしてくれました。

黒田選手は、「僕はマウンドで一球一球、投げているときに『楽しい』なんて思ったことは、一度もない。 本当に苦しい思いをしながら、投げている。チームが勝ったときに、『ああ、良かったな』と思っている。」と話していました。

それだけピッチングに集中している黒田選手は、本当に素晴らしく、すてきな選手だなと思います。

普通のピッチャーは、三振を取ったら、“よっしゃー!”とか“やったー!”とか、感じるのではないかと思います。しかし、黒田選手は、「三振というのは自分の投げた球の結果に過ぎず、最後にチームが勝ったか、負けたかという、結果こそが大事なんだと考えている。」と語っていました。

黒田選手は、若いピッチャーにツーシームなどの変化球の投げ方を伝授しています。
今、広島カープは最下位ですが、上位を狙っています。これも、黒田選手のおかげだと思っています。

広島では、ほとんどの人が『大阪出身の黒田選手が、まさか広島カープに戻って来てくれる』とは、思っていなかったのです。でも、黒田選手には、『自分の野球人生の最後のマウンドは、自分を育ててくれた広島カープで過ごしたい!』という思いがあったそうです。

夜も眠れないくらい、日本に帰るべきか、アメリカに残るべきかで迷ったとのことです。そんな葛藤の末に、黒田選手は日本に帰ってくることを選択し、しかも我が広島カープに戻って来てくれました。

本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。「黒田選手お帰りなさい。そして、ありがとう!」

広島カープの若いピッチャー達は、黒田選手が戻って来てくれたことで、モチベーションがアップしているのが、私から見てもよくわかります。これからの広島カープが、とっても楽しみですね。

日本に戻って来たばかりで、怪我をして大変だとは思いますが、これからも素晴らしいピッチングをして、広島カープを優勝させてくれたら、最高に幸せです!

最後に、「黒田選手バンザイ!」

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ