ホーム > 院長室から > RSウイルス感染症について

RSウイルス感染症について

9月になりましたね。

暦上は夏は終わりましたが、まだまだ夏のような暑さが続いています。
ですが、だんだんと夜は涼しくなってきているように感じている今日、この頃です。

さて秋になると、様々な病気が流行りはじめます。

その中で今回お話したいのが「RSウイルス感染症」です。

このRSウイルス感染症は、名前の通りRSウイルスの感染による病気で、
乳幼児の代表的な呼吸器感染症です。

RSウイルスは世界中に分布しており、その感染力は非常に強いもので、
生後1歳までの子供の半数以上が、2歳までにほぼ100%の乳幼児が、
RSウイルスに感染するといわれています。

またRSウイルスは、秋から春までというかなり長い期間にわたり流行が続くので、
非常に注意が必要な病気です。

更に、ここ数年は夏から秋にかけて増加傾向が見られており、
実際広島でも、報告数が増えています。

当院でも、8月に2人のお子様が入院し、
先日も1人、RSウイルスに感染したお子様がいらっしゃいました。

RSウイルスの症状としては軽い鼻かぜ程度でおさまることが多く、
感染後4,5日の潜伏期の後、せきや鼻水、発熱などの症状が現れます。

しかし症状が悪化すると、細気管支炎(RSウイルスは細い気管支を好んで感染します)や肺炎を引き起こすことがあるのです。そうすると、呼吸困難になり、哺乳不良となってしまいます。

入院するほど重い子もいれば、軽く済む子もいます。感染した時の免疫状態や、周囲の流行状況に左右されると思われます。
また、RSウイルスは1歳未満の赤ちゃんが感染すると重症化する恐れがあります。
ですので、症状の変化などには注意してください。

気になる感染経路ですが、飛沫感染と接触感染の2つがあります。

咳やくしゃみなどの飛沫感染。
そしてRSウイルスがついている物(手や指、衣服、玩具)を触ったり、
なめたりすることによる接触接触で感染します。

また感染力と増殖力が強く、発症前の潜伏期にも周囲の人を感染させませす。
そして症状が消えても、1~3週間後も感染力を失わないのです。

赤ちゃんは手近においてあるものを何でも口に入れたがります。
なので、赤ちゃんの周りのものをこまめに消毒し、

赤ちゃんが感染しないよう人混みをさけたり、
大人がマスクをつけて唾液や鼻水が飛び散らないように気をつけることも大切です。

ただ、残念ながら、迅速検査のキットも、溶連菌やアデノウイルスのようにあるのですが、1歳未満の
方でないと、健康保険が使用できません。

もし「うちの子もそうかもしれない。」と心配なことがありましたら
お気軽にご相談に来てくださいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ