ホーム > 院長室から > 頑張れ新入園生とそのご両親

頑張れ新入園生とそのご両親

やっと、待ちに待ったゴールデンウィークとなりましたね。
前半は天気も良く皆様充分休養が取れましたでしょうか?

ただこの連休を1番待っていたのは、
今年保育園などに初めて入園した0歳から3歳ぐらいのお子様ではないかと思っています。

これまでは家庭と言う、とても過ごしやすい、いわば周りの人がみんな守ってくれるような環境にいたのに、
保育園や幼稚園やと言う全く違った環境や、これまで出会ったことがないような病原菌にも対応しなければならなくなります。
まだまだ抵抗力の弱いお子様がたが、このような環境に順応しなければなりません。

全く科学的な根拠は無い言い伝えですが、
①もし1歳の子が30日保育園などに行こうとすれば、3分の1の10日間行ければ良い。
②2歳の子で同じように考えれば2分の1の15日間いければ良い。
③3歳の子では、3分の2の20日行いければ良い。
以上のように諸先輩から聞き伝わっており、これは今の世の中でも当てはまるのではないかと思っています。

子供さん達も大変ですが、新しく職場についたり、復帰したりするご両親は、本当に大変だと思います。
「急に子供さんが発熱したから迎えに来てください。」「突然嘔吐され始めたので迎えに来てください。」

以上のような電話が、保育園などからかかってきて、
これまで経験したことがないような立場のご両親も大勢おられると思います。とても大変だと思います。

まだまだ大人に比べると抵抗力の弱い子供さん達は夏を過ぎるまではこのような状態が続く事が多いと思います。
早く子供さん達が新しい環境に順応できるとよいですね。

ゴールデンウィークはゆっくりとおうちで休養を取られ、
子供さん達にはご両親と十分に接することのできる時間が持てると良いですね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ