ホーム > 院長室から > 胃腸炎にご注意ください。

胃腸炎にご注意ください。

昨年の年末は忘年会、そして今年は新年会をされたお父さんお母さんも多いのではないでしょうか。また正月はご家庭で美味しいおせち料理などを食べたご家族の方も多いと思います。

もしかしたら、今まで食べたことがないようなごちそうも沢山あったのではないでしょうか。

毎年、冬になると、吐いて下痢をする風邪が流行ってきます。

大抵はウイルス性の胃腸炎であることが多く、感染力も非常に強いため注意が必要です。

そのウイルス中では、以前の記事にも書いたノロウイルスやロタウイルスが有名です。

特に年始に魚介類を食べた方は多いと思いますが、生でいただく魚介類にはノロウイルスが沢山いると言われています。

そこから感染し、急に起こる吐き気で実際に戻してしまう方も多く、その嘔吐物の中には、沢山のノロウイルスなどが入っています。

そこで嘔吐物を処理するために触った手で、十分な手洗いが行われないと、人は知らず知らずの間に、顔を洗ったり、口に手を当てたりということが多いと思いますので、更にそこから感染が広がることが多いのです。

1月は特に変わったものを食べてはないのに、一家全員がノロウイルスに感染することは、多く見受けられます。

前回の記事を参照していただければ幸いですが、やはりこれを防ぐには、まずは体調を崩した本人の、十分な手洗いとうがいが大切です。

また消化の悪いものを食べたり、食べ過ぎたりすると、症状がぶりかえすこともありますし、それ以外でも食べる物に関しては生の食べ物は避け、中心温度85℃以上で1分以上加温していただくなど、数日は、食事に気をつけておきましょう。

また、日常から感染しないように意識をしておくことが必要だと思います。

例えば、自分の吐物は自分で始末するようにし、手洗いを十分に行うようにすれば、
家族内での感染は、ある程度防げることができるはずです。

ただ、嘔吐したばかりの子供さんが、自分で嘔吐物の後始末をすることは、まずできないと思いますので、ご両親が後始末をしてあげた折に、十分な消毒や手洗いをしていただければ、家族内の感染は少しでも減らせるのではないかと思っています。

最後に、胃腸炎以外の原因でも、下痢や嘔吐が長引くときがありますので、特に乳児の場合は必ず一度受診をしていただければ幸いです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ