ホーム > 院長室から > 秋口の体調管理について

秋口の体調管理について

数年来続いた猛暑で、広島も10月になってもまだまだ暑い日が続き、秋のないような日々かと思っていましたが、涼しく(寒く)なってきましたね。

今年の夏は、青空はほとんど見られず、なんだか蒸し暑い日が続き、スコールのような集中豪雨は、挙句の果てには全国に、そして広島に大きな被害を与え、自然の猛威を知らしめられました。
そして、花火や線香の煙を少し吸っても、とてもデリケートな気管支のため、それらの刺激で気管支の粘膜がむくみ、呼吸のたびにゼーゼー、ヒュウーヒュウーと音が聞こえ息苦しくなる喘息発作の患者さんが、いつもの夏よりも多い印象があります。

全くの自分の考えですが、煙以外にも、気温差、気圧差も喘息発作に影響し、特に急に冷えこんだり、低気圧が近づいたりした時に特に多くなると考えています。また、このような天候はカゼにもかかりやすく、病原菌が気管支に入り込み、敏感な気管支はこれまた刺激を受け、発作を起こしやすくなります。

この夏は全くこのような天候だったと思います。今後、今年はこよみ通りの天候になりそうですね。
さて、突然の質問ですいません。「喘息発作で入院される患者さんはどの季節が一番多いのはいつでしょうか?」答えは秋口、ちょうど今頃です。理由は気温の急激な低下や気圧の変化が激しいく、先期にも書いたとおり、気管支のデリケートな喘息患者さんの気道を刺激するからだろうと言われています。

10月に入って急に喘息の患者さんが増え、いつもはインターネット予約で来院していただき待ち時間の短縮に協力していただいておりますが、喘息発作で飛び込んで来られる患者さんもおられ、早急に処置を必要とし、いつもよりかは騒々しい、待合室で申し訳ありません。我々スタッフも緊張を強いられる日々です。
それでも、10年前に比べると、入院して治療を必要とする患者さんはほとんど、皆無に近くなっています。もちろん小院のような診療所には、重症な患者さんが来られないこともありますが、大人も子供も「家庭用吸入ステロイド」や、「ロイコトリエン拮抗薬」(いわゆる抗アレルギー剤)の進化だと思います。
これらの薬の詳細はまた、書かせて頂きます。

運動会の季節は、スポーツの秋でもありますが、夏の疲れも、ドット出てくる時期です。喘息の患者さんのみならず、皆様、無理をされず、運動会の練習などで、「疲れたら、休む!!」でいければいいと思います。もし、喘息傾向のある方は、この季節には、少しでも咳が出てきたら、早めの治療が、特にこの季節には必要と思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ