ホーム > 院長室から > 新入園、新入学のみなさま、おめでとうございます!

新入園、新入学のみなさま、おめでとうございます!

spring02158

四月になり入園式、入学式の時期になりましたが、今年はほんとうに寒いですね。例年ならば、ポカポカした日差しに桜がきれいに映えるのに、広島では強風のため桜が散ってしまいました。

でも、新入園や新入学のみなさんは、大きな希望を胸に抱いて、入園や入学されていることと思います。入園、入学までお育てになったお父さんやお母さんの感激もひとしお、なことでしょう。

安倍首相の政策では、多くの女性が社会で活躍されることが期待されています。ただ、広島で見る限り保育園の数が十分に確保されているとは思えません。このような状況で女性に積極的に社会で働けというのは、ほんとうに酷なことだと思います。

また、保育園や幼稚園に入園されたお子さんは、今までとは違った環境の中でいろいろな病原菌にさらされています。1歳で入園されたお子さんの登園日が30日あったとしたら、15日登園できれば立派なことです。あとの15日は、熱を出したり、咳や鼻水がひどくて登園できないことが多いからです。でもこのようにして、人間の抵抗力は育っていくのです。

新たに仕事を始めたお母さんは、仕事に慣れるのに苦労され、お子さんのことも心配で、大変な日々を過ごされていることでしょう。発熱や嘔吐、下痢や風邪などで保育園から呼び出されることがあり、お母さんはお子さんを連れて私の医院にいらっしゃってくださいます。

毎日、ほんとうに大変だと思いますが、あと2〜3か月の辛抱だと思って頑張ってください。
というのは、梅雨をうまく過ごし夏になれば、お子さんが見違えるほど元気になることが多いからです。私の経験から言って、このつらい時期を乗り越えれば、楽しい夏を迎えられると確信しています。そのために私がお役に立てることがあれば、喜んでお手伝いさせていただきます。

お子さんの具合が悪かったり、少しでも心配なことがあれば、遠慮なくご来院ください。
もちろん電話でも構いません。

私には3人の子どもがおり、妻も働いていました。
子どもが病気になったときには、おじいちゃんやおばあちゃんにもお世話になりました。
その病気がちだった子どもたちも、今では見違えるほど元気にすくすくと育っています。
子育ての大変さは、3人の父親なのでよくわかっているつもりです。

父親であり、小児科である私の経験や専門知識がみなさんのお役に立てればと思い、この地で開業医をしております。お子さんのことでお困りになったら、私を思い出しご来院したり、お電話をしてくださったりされるととても嬉しいです。

先ほども申しましたが、あと2~3か月頑張ってください。
きっと楽しい夏休みが待っていると思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ