ホーム > 院長室から > 子どもがかかりやすい夏風邪の症状と対策について

子どもがかかりやすい夏風邪の症状と対策について

natsukaze01

冬にひく風邪に対し、夏にひくものを夏風邪と呼んでいますが、夏風邪はほとんどの場合、アデノウイルス・エンテロウイルス・コサッキーウイルスなどのウイルスが原因で発症します。

ですので、冬にひく風邪と原因が大きく異なってくるんですね。
また子供は抵抗力が大人に比べて弱いので、症状が急変することもあるので注意が必要です。

今回は、夏風邪とは一体どういったものなのか、お話していきます。

○ 夏風邪と普通の風邪の違いとは?

夏風邪は、いわゆる普通の風邪とは異なり、細菌のみならず主にウイルスが原因で発症するので、症状も大きく違います。

季節の変わり目に引く風邪の場合、咳や鼻水が出て、その後発熱するというのが通常の場合の経過です。でも、夏風邪やインフルエンザは、急な発熱から始まるという特徴があります。

朝は元気に保育園に行ったお子さんが「急に発熱して、具合が悪くなりました。」という電話を受けて、驚いたことのある保護者の方も多いのではないでしょうか。

次に、具体的な症状をご説明していきます。

○夏風邪はどのような症状ですか?

夏風邪は、まず38℃から39℃くらいの熱が2~3日続きます。
その後熱が下がると同時に、咳や鼻水が出てきて、普通の風邪のような状態になっていきます。

咳や鼻水は1週間くらい続きますが、それを過ぎれば治ってきたと思って大丈夫です。

『夏風邪は長引く』と聞いたことのある方も多いと思いますが、このように熱が出てから普通の風邪のような症状になるので、長引くといえるでしょう。

ただ、大人の場合は抵抗力が子どもより強いので、1~2日で完治することも多いです。

熱がある時に解熱剤を使えば、熱は一時的に下げることはできますが、6時間ほどで熱があがってきてしまいます。

発熱は、体がウイルスと戦い、ウイルスを体から排出しようとする免疫反応です。お子さん自身の免疫力で夏風邪のウイルスをやっつけるしかありません。

突然の発熱でびっくりされると思いますが、熱は3日くらいすると下がってくるので、解熱剤は、38.5℃以上あっても食欲があり、よく眠れるなら使わなくても大丈夫です。

また“風邪“と名前についているので、もしかしたら何かいいお薬があるのでは?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし残念ながら、夏風邪に効く特効薬は今のところありません。

最初に書いたように、夏風邪はほとんどの場合、アデノウイルス・エンテロウイルス・コサッキーウイルスなどのウイルスが原因で発症します。

しかし、これらのウイルスに対しては、インフルエンザのタミフルのようなウイルスを退治する薬というのは、今のところ開発されていないのです。

そのため、夏風邪は自然治癒力で治すしかないのですが、熱が下がってくれば一安心ということになります。

○夏風邪はどのように予防すればいいですか?

夏風邪にならないためには、一般的な病気と同じように、外から帰ってきたら手洗いとうがいを必ずしましょう!そして十分な休養も大切です。

免疫力を高めるために、栄養補給と休息を欠かさないようにしましょう。

natsukaze02

○他の症状を併発することはありますか?

お子さんが38℃から39℃くらいの発熱が5日以上続く場合には、まれに髄膜炎・肺炎・川崎病など、他の病気を併発していることがあります。

また、熱が下がったときに、突発性発疹と同様な発疹が出ることがあります。

発疹は疲れているときに出やすいので、お子さんを人の多い場所に連れて行ったり、遊びすぎで疲れがたまらないように、注意してあげてください。

また夏風邪も普通の風邪と同様の感染力があるので、注意が必要です。
アデノウイルスに結膜炎を併発した場合には、大人にも感染しやすくなります。

最後に夏風邪にかかると長引くので、これからの季節は特に気をつけましょう。
自己判断で様子をみるより具合が悪いようでしたら、早めに主治医に相談することをお勧めします。

もし困ったことなどがあれば、気軽に当院までご相談に来てくださいね。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ