ホーム > 院長室から > 受付順番の苦労

受付順番の苦労

当院も改築して20年近くたちました。テレホンカード型公衆電話、ポッケトベル、携帯電話 インターネット、デジタルテレビ、などなど、いろんな伝達方法に進歩が目まぐるしく起こりました。

当院の受け付けは、ノートに名前を書いていただく方式でした。近所の方は、名前を書いて、ご自宅で待って頂き、順番が来たら、お電話をさせていただいていました。ただ、遠方から来て下さる方には、この方式はつかえず、ポッケトベルを貸し出して持っていただき、買い物などで時間をつぶしていただき、診療順番がきたら、ポケベルを鳴らし、来院していただく方法を使ったこともありました。予防注射など、元気な患者さんには好評でしたが、具合の悪い患者さんには当然ながら、不評でした。

そして、2000年から、ナンバーディスプレイを使った「電話予約方式」を取り入れました。これは、一度自宅の電話番号を登録していただき予約専用の電話番号に電話していただくと、予約電話機がナンバーディスプレイ機能を予約電話が使用し、患者さんを判別し、「○○様ですね。診療可能な時間帯は。。。。と、機械が、ナンバーディスプレイ機能を使い、患者さんに質問し、希望する予約時間をプッシュホンで選択していただく方式でした。

一人当たり5分は診療に時間のかかってしまう、私には、時間を区切られての診療は本当にストレスがたまりました。
またこの方式にかえるにあたり、アンケートをとらせていただくと、約90%の方が賛成されており、「診療がすんだら塾に行きますので、ある程度、時間が決まれば助かります」など、現在の忙しい子どもさんの姿が浮かび上がりました。正直に言って、医者に行くぐらい体調が悪ければ、塾は休んで体調を整えたほうがいいのに。。などと思ってしまいました。
さて、半分はノート予約、また、残りの半分は電話予約で開始し、途中で、「せっかく早く来て、診療を受けたかったのに、予約の人にぬかされた。」「電話で予約したのに20分も待たされた」などなど、いろんなクレームに泣きながら、約1年かかって、予約電話は定着しました。

以上のような苦労もありましたが、待合室が込み合い、座ることもできずに泣き叫ぶ赤ちゃんを立ったままあやすお母さんの姿もほとんどなくなりました。駐車場の混雑も緩和されました。
しかし、今のウィンドウズXPのサポートが終わったように、この予約に使っていたウインドウズNT4のサポートも終わってしまいました。また、光電話なるものがでてきて、うまく予約電話が反応できなくなりました。

伝達方法にかかわらず、物事は進歩していきます。思い切って、新しいインターネット専用の予約方式に変えることにせざるをおえず、現在のシステムになっています。
このシステムもいつかは変更しなければいけないかとい運行しています。今のシステムに変更したときの大変さはまた、書かせていただきます。また、今のシステムにご要望などありましたら、お教えいただければ幸いです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ