ホーム > 院長室から > 三寒四温

三寒四温

3月になってもまだまだ、朝晩冷え込む日が多いですね。
これが、「三寒四温」という、意味かなと思っていました。

ウイキペディアで調べてみると、
「三寒四温(さんかんしおん)とは冬季に寒い日が3日ほど続くと、そのあと4日ほど温暖な日が続き、
また寒くなるというように7日周期で寒暖が繰り返される現象。

朝鮮半島や中国北東部に典型的に現れる現象で、日本でもみられる。
一般に寒い日は晴れで、暖かい日は天気が悪い。日本では本来は冬の気候の特徴として使われたが、
最近では春先に使われることが多い。」

当たらずしも遠からずかな?と思いながら読み進めていると、

「もともとは中国北東部や朝鮮半島におけることわざであって、
シベリア高気圧の勢力がほぼ7日の周期で強まったり弱まったりするからと考えられている。」

「しかし、日本付近の天候はシベリア高気圧だけでなく、太平洋の高気圧の影響も受けるので、
三寒四温が日本でははっきりと現れることはなく、一冬に一度あるかないかという程度である。
そのため近年では本来の意味から外れて、春先に低気圧と高気圧が交互にやってきたときの気温の周期的な変化、
という意味合いで使用されることが多くなっている。」

シベリア高気圧は日本にはあまり関係なく、日本より中国北東部や朝鮮半島の地域に当てはまる現象と、恥ずかしながら知りました。

ただ、気温の周期的な変化寒暖差があると、ほんとに体調管理はむつかしいですね。

寒いと思って、厚着させて寝かせた子供さんが、朝には予想したほど寒くなく、元気いっぱい?布団をはねのけてくれて、夜中にかいただろうと思われる汗が、体を冷やして、風邪の状態になっていることは、残念ながらありますよね。

また、気管支のデリケートな赤ちゃんは、気温差だけで、嘔吐してしまうような咳をして、ご両親を驚かせますよね。

早く暖かなってほしいと思いながらも、熱帯夜の続く夏がじきにやって来ると思うと、春夏秋冬、四季などない方が暮らしやすいのでないかとも思ってしまいます。

しかし、四季を実感できる地域は世界中を見回しても決して多くはなく、世界中の方からうらやましいと思われている日本です。

桜―水泳―もみじースキーと四季を堪能できる日本は世界に誇れる季節環境かもしれません。

まだまだ不順な天候の続く毎日ですが、もう一息で、桜咲く春が待っていますよね。
まだ、インフルエンザにかかられるかともおられる日々ですが、春休みが来れば、よい季節となり(花粉症の方には悪い季節ですが。。)ランドセルが歩いているのかと思うような一年生が入学を迎える新学期もあともう少しです。

体調不良の方も多いと思いますが、私にできることがあればお手伝いしたいと思っています。どうぞお気軽にご相談ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ