ホーム > 院長室から > オバマ大統領の訪日について

オバマ大統領の訪日について

以前の記事で、ケリー国務長官が広島にやってきてくれたことを書きました。

その時に原爆資料館や原爆ドームを見学し、
「これは人間なら、特に指導者の立場にある人なら見ておくべきものだ。」と話されました。

これは私の考えで、このお話がオバマ大統領にも伝わり、ひょっとしたら伊勢志摩サミットの後、オバマ大統領が広島にやってくるのではないか?と思っているのですが、だんだん現実味をおびてきています。

もしかしたら「核兵器なき世界」でノーベル賞を受賞しているオバマ大統領の講演が聞けるかもしれません。

まだまだ反日感情が強いアメリカでも、「原爆を落として早く戦争を終わらせたのだから、原爆は正当化されるべきだ。」という意見も多いようです。

戦争といえば、喧嘩と同じで、どんな道具を使おうとも、それが非人道的と言われようとも、仕方がないことなのかもしれません。

ただ、この惨状を平和記念資料館で一度でも見ていただければ、このような核兵器を使った戦争など、二度と起こすべきではないということが、よくわかると思います。

「アメリカは広島に謝罪するべきだ!」という意見も、多くあります。
被爆された方々の中には「怒りが腹の底から抜けない。」とおっしゃられる方もおられます。

ただ外交的には、複雑な政治の絡みもあると思います。
たとえば、中国や韓国などの東南アジアの国々の方の手前、また、大統領選挙のからみなどを考えると、なかなかオバマ大統領が、「どうも原爆を落としてすみませんでした。」
と言ってくれるようには思いません。

被爆2世の私としては、本当は「謝罪外交」をしていただきたいです。
でも、以上のような理由から、オバマ大統領は平和記念館を見学してくれて、その感じた事を、自分の胸にしっかりと刻み込んでくれれば良いと思っています。

そして、それをまたアメリカで「こんなことは2度と起こしてはいけない。」と言ってもらい、アメリカの人々に「原爆の惨禍」を伝えてもらえれば、この問題は解決に向けて大進歩だと思います。

これだけ、原子力発電所などが建てられている今日、核がなければ、工場の運営やいろいろな物の生産は出来ないだろうと思います。

しかし、未来の子どもたちのためにも、その力は正しい使われ方をしないといけないと、私は思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ