ホーム > 院長室から > オバマ大統領、ようこそ広島へ。

オバマ大統領、ようこそ広島へ。

5月11日に、伊勢志摩サミットが終わった後、
オバマ大統領が、広島を訪問することが正式に決まりました。

アメリカの大統領が広島に来るのが、これが初めての事だと思います。

オバマ大統領自身も、アメリカ国内では、いろいろな政治的な問題があるにも関わらず、
広島を訪問を決めてくれた事は、とても勇気のある行動だと思います。

「原爆投下によって、戦争は早く終わった。」と、
アメリカ人の半分の方々がそう思っているというアンケートを見た事があります。

これが正しいのか、正しくないのか。

私には全く判断する力はありませんが、
ただ、やはり人道を外れた行為ではないかと思っています。
決して正当化していいものではないと思っています。

オバマ大統領が広島に来られるきっかけを作ったのは、
ケリー国務長官が、平和記念資料館を見て
心を強く動かされたからだということです。

ケリー国務長官が広島を訪問した事自体は、
あまりアメリカでは話題にならなかったようですが、

オバマ大統領は、広島に一度訪問した方がいいという社説が、
ニューヨーク・ポストなどの有名誌に出ていたそうです。

私は、被爆二世という立場にありながら、
オバマ大統領の広島訪問を、本当に心から喜んでおります。

そして、是非平和記念資料館を見ていただきたいと思います。

本物を見るのと、書物でその悲惨さを知るのとでは、
感じ方が全く違うと思います。

資料館を見られた大統領は何を思われ、
どのような演説をされるのかと、期待しているところです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ