ホーム > 院長室から > インフルエンザのワクチンが変わります。

インフルエンザのワクチンが変わります。

インフルエンザは、毎年A型、B型などと流行りがありますが、
どちらの型も形を変えて、流行ってきます。

この夏、南半球ではもちろん冬でしたが、そこで流行った型をWHOが選定して、日本を含めた北半球で使うワクチンの種類を選定します。

今年から変わったことと言えば、いつもはA型の方が主に流行りますので、A型2種類、B型1種類という構成でワクチンをしていました。

しかし、去年から今年にかけてはB型も流行ったため、今年からは今まで1種類でやっていたB型が2種類入ったワクチンを製造してもよいこととなりました。

しかしながら、それに伴い、ワクチン製造するための経費がかかってしまい、去年よりかワクチンの納入価は高くなってしまったのです。そして、1種類B型が増えたため接種後、患部が少し腫れやすいかも知れません

「今年のワクチンは、なんで去年より高いのだろう?」と思われる方が多いと思いますが、以上のような理由があるからです。

間違いがないように厚労省の発表したPDFファイルを添付します。
※資料PDFpdf

これで、去年よりかはインフルエンザの予防効果は高まると思われますが、残念ながら価格も高くせざるを得ないという事情が出てきました。

なんとか、国の力でワクチンの価格を下げてもらいたいものですが、今の日本の現状では難しいようです。

従いまして、今年のワクチンの値段があがった背景に、このような理由があるのですが、効果も期待できますので、「高いワクチンなら打たなくてもいい。」という考えをお持ちにどうぞならないようにしていただき、ワクチンを打って、インフルエンザ予防に力を注いでいただければ幸いです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ