ホーム > 院長室から > やっと報告0人になりました。

やっと報告0人になりました。

毎週広島市におもな流行性の病気(インフルエンザ、おたふくかぜ、など、)を1週間単位で報告しています。3月22日から28日までの1週間のインフルエンザの患者さんは0人でした。5-6人に検査をしましたが皆さん陰性でした。

前週は3人を報告しましたが、今回は春休みになり、やっと学校や幼稚園での感染も見られなくなりました。

ただ、3月12日の広島市の報告では、今シーズンのインフルエンザ様疾患による学級閉鎖等は267件で、昨年の123件に比べ、大幅に増加していました。そして、ほとんどがA型によるものでした。今年の流行の激しさがよく分ります。

また、新学期になり、B型が流行することも考えられますので、
手洗い、うがい、咳エチケット、は忘れてはいけませんよね。
小院でも、出来るだけインフルエンザを疑う患者さんは一般の患者さんと診察室を代えて診察して、予防接種などの患者さんは、もちろん別室で接種させてもらっており、スタッフともども、インフルエンザの検査や診察室の移動、手洗い、うがいに神経をとがらしていましたが、少しは楽になってきました。

ただ、花粉、黄砂、PM2.5、などの飛来、ウイルス性胃腸炎(いわゆる小児の嘔吐、下痢)などでいろいろな症状を呈して患者さんは来院してくださいますので、いつでも気はぬけません。
でも、比較的感染症の少ないこの時期にまだ、日本脳炎や、2種混合などの予防注射を済まされてない小中学生の方は、是非、済ませておきましょう。日ごろはクラブなどで忙しくなかなか接種できませんものね。
どうか、母子手帳を確認してみて下さいね。春休みは予防接種のチャンスだと思います。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ