ホーム > 院長室から > 今年も2週間余りで新年ですね

今年も2週間余りで新年ですね

ふとカレンダーの今日の日付を見た時に、
12月ももう半分が終わるのかと思い、とても驚きました。

本当に時が経つのは早いですね。

さて、年末を迎え皆様お忙しいことと存じます。
乳幼児のお子様もなんとなく「いつもと違う雰囲気だなー」と感じておられるかもしれません。

最近は、11月21日に書かせていただいた通り、嘔吐下痢の方も多くおられますが、逆に、12月6日に書かせていただいた、便秘の方も多く、12月9日には2週間の便秘で浣腸しても排便できず、摘便(肛門から指を入れて便をかきだすことです)した2歳の子がいた思えば、12月13日には浣腸を8か月のお子様、2歳のお子様に施行し、2人とも直径5㎝代の排便をすることが2-3個ありました。

特に8か月のお子さんは夏にノロウイルスに感染され、下痢が2週間近く続き、
お母様も途方に暮れたことがあり、まさに人間の体は機械仕掛けの人形のように食べたり飲んだりしたものが、
計算通りには排泄できないことを、思い知らされました。

乳児といえども、急に寒くなって、摂取する水分が減ったり、運動量が減ったりと、いつもと違った環境になりますよね。
その変化を敏感に察知し体の調節機能、特に自律神経系が変調をきたしているのかも知れないと勝手に考えてしまいました。

また、大流行とは言えないまでもインフルエンザの方も12月に入りおられるようになってしまいました。
まだ、一生懸命に予防接種をしているものの、実際にインフルエンザに罹患された方もおられ、今年は流行が早いようです。

皆様お忙しいでしょうが、このホームページのトップページにある、
夜間や休日の緊急治療について」を空き時間がおありになったら、見ていただいておかれるとよいと思います。

このような状況にないことが、もちろん一番良いのですが、「いざ」という時にはあせってしまい、なかなか読めないと思います。
すこしでも目を通していただいておいて、頭の中入れておいていただくとよいとおもいます。
特に、「子供の救急」のリンクページは質問形式で、子供さんの具合が悪くなった時のシュミレーションをしておかれると、
少しでも対応がスムーズにできるのではないかと思います。

多忙な年末年始だとは存じますが、ご一読いただければ幸いです。

にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 広島県情報へ にほんブログ村 健康ブログ 病気予防へ